NEWS最新情報

2020.05.20

第102回全国高等学校野球選手権大会中止に関して、長野県高校球児へのメッセージ

長野県高校球児へのメッセージ

 

 大変つらく残念な報告ですが、春の選抜に続き、硬式も軟式も夏の全国高校野球選手権大会とすべての地方大会の中止が日本高等学校野球連盟から発表されました。今日は本来ならば、硬式の春の県大会の準決勝の日でした。全チームが夏に向けた再スタートを切るはずの日の中止発表は、巡り合わせの皮肉を思わずにいられません。新型コロナウィルス感染症への対応を戦争に擬える言説がありましたが、かつての戦争と時と同じように若者がコロナ禍によって野球を奪われてしまいました。最大の目標を失った皆さんの胸中には、不条理に対するやり場のない思いや悔しさ、無念さ、そうした言葉では到底及ばない感情が沸き立っていると思います。自分や仲間の力を結集しても乗り越えることのできない不条理に心が震えるのは大会に関わる私たち連盟役員も同じです。

 地方ごとに新型コロナウィルスの感染状況は違いますが、すべての地方大会において高校球児の命や安全、健康を守ることが優先されなければなりません。高校野球が感染再燃の端緒となるようなことも避けなければなりません。本県でも野球の前提となる学校の日常についてさえ回復への見通しが明確でない段階では、各校の部員、指導者をはじめすべての高校野球関係者が、安全を最優先にしつつ長野県や県教育委員会からの指針を踏まえ、社会的存在としての責任も果たさなければなりません。

 中止の報に、声を殺し涙に暮れている人もいるでしょう。1人では抱えられない悲嘆を仲間と分け合っている人もいると思います。皆さんには苦楽をともにしたチームメイトはもちろん、大会で直接交わることはできませんでしたが、野球へ熱い思いを共有し、この不条理にともに向き合っているたくさんの仲間がいます。皆さんが情熱のすべてを傾けた高校野球とは、大会や記録の集積ではなく、仲間とともに目標に向かって競い合い、励まし合いながら努力を積み重ねた日々そのものであり、活動期間の長短や大会の有無で価値が決まるものでもなければ、輝きが鈍るものでもありません。どうか高校野球を全うしたという誇りを持ち、今後は高校野球を愛し、応援してくれる仲間として球場で再会できることを願っています。

 このメッセージには皆さんの思いに寄り添いたい気持ちはあっても、慰撫を意図したつもりはありません。高校野球を通じてこうした困難を乗り越える力を身に付けていることを確信しているからです。皆さんには今後も待ち受けるであろう多くの困難に対しても、これまでに培ってきた力を遺憾なく発揮し、未来を切り開く原動力となってくれることを期待しています。

 なお、先を見通せない中ではありますが、今回の中止決定を受けて、県高野連として皆さんのために何かできることを検討したいと思います。しばらく時間をください。

 

令和2年5月20日

 第102回全国高等学校野球選手権中止の報を受けて

長野県高等学校野球連盟 会長 西條浩章